• 2020年11月29日日曜日
アリスト戦記
アリスト戦記 https://blog.aristo-solutions.net/2020/11/202012.html

致知 2020年12月号「苦難にまさる教師なし」読書感想文

あっと、今月も更新が遅れてる。(; ・`д・´)

ちょっと仕事が忙しいのと、試験勉強がありまして。技術士二次試験の合格に向けて通信教育を始めているのですが、宿題の量が多過ぎだっての。しかも同時期に仕事が忙しくなって二重苦!!

仕事は1~2ヶ月で落ち着くとしても、試験は 2021年7月11日(日) って、半年以上先じゃねえか。それまでこんなハードな勉強をしなければならんのか。

それでも受かるかどうかはその時次第なわけでしょ? 酷ぇ……。論文試験だからどれだけ勉強したところでイマイチ確実に受かるという確信が持てねえんだ。

で、今月の致知は「苦難にまさる教師なし」?

そりゃそうだろうけど、僕は今が苦難の最中だっちゅ~の。悟りを開いている場合ではない。(; ・`д・´)

しかし感想文はライフワークだから書いていくぞ。(; ・`д・´)





この苦難をどう乗り越えるか

ノーベル生理学・医学賞受賞者、大村智(85)。

年齢が凄いですよね。何か世の中だと定年とかそういう話がまだまだ多いけど、ちゃんとやってれば85歳になっても現役でこんな雑誌に出演出来るわけですよ。

僕は38歳プログラマーなんですが、85歳で同じ仕事は流石に無理でしょwww。とは言ったって定年に向けて貯金を溜め込むのが人生の目標なんて生き方はみすぼらし過ぎる。でも「じゃあ、どうすんの?」と聞かれても困るんですけどね。80代になった時にどんな活躍をする道があるか、真面目に考えていかないとなぁ……。

さて、内容ですが、コロナ関連の話ですね。医学の権威から勉強になる情報を頂けておりますが、気になっちゃったのはこれ。

一年以内のワクチン開発なんて言葉は嘘に無理に決まっている。

あっ!? これ、IT業界と同じだ。(; ・`д・´)

IT業界ではよくあるんですよ。「納期必達だ!!」と上から強く命令されるから「何としてでも達成します!!」とつい答えちゃうんだけど、実際はそんなことは無理で。。。

上司とバトルする気概が無いからYESって答えているだけで、一年二年と経った頃には話にならないアホな計画であったという結果が分かる。現場は知っていたけど面倒だから知らんぷりを決め込んでいただけ。

「知らんぷりを決め込む」は最強の必殺技ですからね。

大村先生は現場の感覚として、そのパターンが発生していることを嗅ぎ取っているんだ!! これはヤバい!!(; ・`д・´)

世界はどうなってしまうのか……。

しかし、先生はその辺もちゃんと啓蒙して下さってて、やっぱり落ち着いて謙虚に出来ることをコツコツとやっていくのが一番。特効薬一発で解決、みたいなミラクルを望んではイカンわけですよ。

それを踏まえると、僕の今の業務多忙と試験勉強の二重苦も、とにかくやれる範囲で頑張っていくしか無いな。

仕事と試験勉強。どうしても両方キツくなったら、そりゃ仕事の方を優先するしか無いでしょう。だからと言って、それで試験を放り出しちゃうわけではなく、例えば土日に頑張って少しでもリカバリーするとか、年末年始は流石に仕事も無いからその時にリカバリーするとか、粘り強く戦っていくのが大事だと言えましょう。

頑張っていかねばなりませんな。(; ・`д・´)

バックナンバー

0 件のコメント:

コメントを投稿