• 2020年10月25日日曜日
アリスト戦記
アリスト戦記 https://blog.aristo-solutions.net/2020/10/202011.html

致知 2020年11月号「根を養う」読書感想文

 今月は更新が遅くなってしまった。(; ・`д・´)

いや、実は10/11(日)に技術士の一次試験を受けてきましてね、結果は自己採点では余裕の合格。来年は二次試験に進みます。

しかしながら、試験勉強に力を入れていたため、疲れていたり、他の事が色々後回しになっていたのを片付けたりしているうちに、もう10月も下旬になってしまった。

まだ今日もちょっと色々あるのですが、今日書かなければ来月になっちゃうので、頑張って感想書いていきます。

こういうのは欠かさず続けていくことが大事だ。(`・ω・´)

今月は坊さん回ですな。いい笑顔や。(*´ω`*)



是の処は即ち是れ道場

青山俊董。この人は禅僧だね。僕は禅はやらないのですが、テレビとか見ている限り、20代の女性とか若い人でも禅をやったりする人もいるらしく、最近の流行にも強い開かれた業界だ、というのが僕のイメージです。この方も女性ですね。

さて、感想ですが、技術士の試験を終えたばかりの今の僕の心境としては、「一番の根っこは求道心だ」と、ここが良い言葉に思いました。

この方はもう50年も禅をやっているのでそれには及びませんが、僕はIT業界に入って15年、毎年資格試験を受けています。

ハッキリ言って、もうウンザリです。受かるか落ちるか分からんような難しい試験を毎年受けて、落ちたり受かったり。
試験日が迫ると鬱になるし、受かった所で次の試験に行かねばならない。

こんなことやってるの僕しかおらんですよ。僕の周囲は「試験を申し込みするの忘れちゃったw」とか、そんな感じです。
僕一人だけ、必勝を期して勉強、そしてプレッシャーに耐えて受験。それでも落ちる。辛いんですよ(泣)。

それでも何とか15年も続けて、いよいよ来年に技術士二次試験を控える所まで来れたのは、求道心と、環境と、苦しみと悲しみのお陰でしょうか。

僕は今はフリーランスをやっていますが、正直、そんなに安定した人生を送ってきていないですよ。
最初の会社は上手く行かなくて辞めて、二社目は会社そのものが傾き、今はフリーランス。

こんな軌道を歩んでいると、せめて資格くらいは完全に固めておかないと将来がヤバいんじゃないか、と思っての資格試験です。
現在、僕がここまで来れているのは、危機感と求道心の結果です。

そう考えると、青山さんの仰る「人間は悲しみ、苦しみのおかげで求める心が起きる」というのは、実に心に染み入る言葉でした。

「早く合格して楽にさせてくれ(泣)」が僕の本音ですが、あと一年、来年の二次試験は何としてでも一発合格を飾れるよう、頑張っていこうと思いました。

バックナンバー

0 件のコメント:

コメントを投稿