• 2020年4月18日土曜日
アリスト戦記
アリスト戦記 https://blog.aristo-solutions.net/2020/04/blog-post_18.html

外国人にも10万円は払わねばイカンですよ

さて、10万円を貰えることになって、後はいつ焼き肉屋に行くかというスケジュールの問題に入っている僕だが。
あと、ハニーをディズニーランドに連れてってやれねば。

何てことを考えながらネットを観ていたら、え? 「外国人には10万円を支給するな!!」とか「生活保護には10万円を支給するな!!」とか、そんなこと言ってる輩がいるのか?

とんでもねえな!!
物事を吐き違え過ぎだろう。

自粛強制執行

まず第一として、このお金って「金をやるから黙って家に居ろ!!」と札束で顔をぶん殴る行為でしょ?

例えば僕が想定している焼き肉屋は店員が外国人のバイトであることも多いと思うんだけど、今は店が閉鎖されているから、アルバイトの皆様も収入が断たれているだろう。
その人達にお金をあげなかったら、


(´・ω・`)「ワタシ、オカネ無いから働くしか無いネ」
(´・ω・`)「故郷に送金しないと家族がコマってしまうネ」


とか言って、ノコノコと街に出てきて営業を再開してクラスターが広まっちまうじゃねえか。

対して、10万円を払えば、少なくとも1ヵ月くらいは閉じこもってられるだろう。
新型コロナの拡大防止の執行として金のバラ撒きが必要だ、とそういう話をしておる。

また、これは「生活保護は既に保護費を貰っているから10万円いらんだろう!!」とか「年金生活者に10万円は不要!!」とか言う話も同じなんだけど、むしろ10万円払うからこそ「黙って家に居ろ!!」と強気で言える大義名分が成り立つ。

札束で顔をぶん殴ろうとしているのであって、「可哀想だから平等にお金をあげよう」、とかそんな話をしているのではないのじゃ。

必要な人材

もう一つ、またこれもとんでもない勘違いなんだけど、外国人労働者は必要な人材だという観点が抜け落ちている。


(´・ω・`)「日本、オカネくれない。もうクニに帰るネ」


とか言って帰って貰っちゃ困るだろう。

焼き肉屋を再開した時、その店員がおらんではないか。
ディズニーランドを再開した時、キャストがおらんではないか。

外国人がその辺で働いているのは、そこに需要があるからでしょ?
日本にとって必要だからそこに外国人がいるのであって、難民とは違うんだ。

新型コロナが終息した後、日本経済を再起動する時、10万円で繋ぎ止めた外国人労働者が再び働いてくれるであろう。
その経済効果は払った10万円以上の価値を見込めるであろう。

「10万円は日本人にだけ配る。外国人労働者には劣悪待遇するが、新型コロナが収まったら再び馬車馬のように働け!!」とか人間はそんな風に動かねえよ。

まるで社員をコキ使って退職されて損するブラック企業みたい。
金を払ってご機嫌を取らねば人間は働かぬ。


(´・ω・`)「日本、ケチ臭いネ。もう嫌になっちゃったネ」
(´^ω^`)「中国は金払い良いネ。これからは中国で頑張るネ」


なんてことにならんようにする為にも、外国人に金を配れと言っておる。
「保護は日本人を優先しろ!!」とか、そんな話はしておらん。

韓非子

以上、これね、「韓非子」という本の考え方なのよ。

農耕は重労働である。にも拘わらず民が農耕を行うのは、富を得られるからである。戦は危険だが、それでも出征するのは、高い身分を得られるからである。
農耕を行っても富が得られないなら誰も農耕などしないし、戦争に出ても出世できないなら、誰が戦争に行くものか。
これが蔓延すると法が乱れ、国は貧しくなり、結果として世が乱れる。

とあるように、外国人労働者は金で雇われて戦争に来ている兵隊そのものだから、ここで金を出し渋ると強盗が溢れて、日本経済は更に悪化する。

労働人口=国力なんだから、来たるアフターコロナの経済復興大戦争を勝ち抜く為にも、外国人は繋ぎ止めねばイカンのだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿