• 2019年12月6日金曜日
アリスト戦記
アリスト戦記 https://blog.aristo-solutions.net/2019/12/jip-base.html

クラウドサービス「Jip-Base」ディスク障害

( ´゚Д゚)・;'.、ゴハァッ

またしても、クラウドサービスなのに中核サーバダウンという荒業をやってのけおったな!!

自治体専用IaaSシステム「Jip-Base」の障害について現在、復旧方法の検証を行っておりますが、本日中の復旧は困難な状況で、ファームウェア故障起因のため、復旧に時間を要する可能性がございます。よって、引き続き復旧作業を継続し、復旧見通しが判明し次第、本HPにて随時お知らせしてまいります。

やっちまったなぁ。(´・ω・`)

日経の記事によると、

4日の時点ではディスク故障が原因とされていたが、詳細が分かってきた。2019年12月4日午前10時56分に同社のシステムにアラートがあがり、システム障害が発生した。調査したところストレージ装置のファームウエアにバグがあり、ディスクの読み書きができなくなったためだった。

ディスク故障という恐怖!!




「全データが消し飛んだんか!?」と一瞬思ったけど、「ファームウエアにバグがあり、ディスクの読み書きができない」ってことは、確かにサーバとしてディスクを読み書きする機能は停止しているかもしれないけど、ディスク媒体そのものは破壊されずにそのままそこにあるわけでしょ?

ってことは、ファームウエアさえ復旧すれば、必然的にデータも復旧すると思いたい。

一抹の不安があるのが、ファームウェア故障と同時にデータも壊れちゃっている可能性。
例えば、データが暗号化されていた関係で、元々のファームウェアでないと復号が出来ない仕様だった、とか。
そういう別の角度からの問題が続く可能性はまだ残っているから、油断は出来ないな。

しかし、日本電子計算株式会社というNTTデータ系列の会社ですらこういう事態が起きうるわけだから、サーバの安定運用には天運ってものが依然として存在しているのが本音だよね。(´・ω・`)

0 件のコメント:

コメントを投稿