• 2019年6月2日日曜日
アリスト戦記
アリスト戦記 https://blog.aristo-solutions.net/2019/06/junit5assertarrayequalsassertiterableeq.html

JUnit5で配列とリストをチェックする「assertArrayEquals」「assertIterableEquals」

メソッドの戻り値がString一発とかBoolean一発とは限らず、配列になっていることもある。そんな時に使用するJUnit5のアサーションがこちら。

assertArrayEquals

公式JavaDocを見てすぐに目につくのはこれ、assertArrayEquals。

これで配列を対象に検査してくれる。

@Test
void sampleArrayEquals() {

   int[] expected = { 1, 2, 3 };

   int[] actual = { 1, 2, 3 };

   assertArrayEquals(expected, actual);

}

assertIterableEquals

でも、今時配列ってあんまり任意に使うものではなくて、普通はListを使うものでしょ?
Listに対する検査は以下の通り、assertIterableEqualsで行う。

@Test
void sampleAssertIterableEquals() {

   List<String> expected = new ArrayList<String>(Arrays.asList("a", "b", "c"));

   List<String> actual = new ArrayList<String>(Arrays.asList("a", "b", "c"));

   assertIterableEquals(expected, actual);

}

リストを始めとするIterableクラスを照合出来る。

0 件のコメント:

コメントを投稿